相武山 妙法院のブログ

相武山 妙法院のブログです。

相武山 妙法院

  • HOME
  • 相武山 妙法院
  • お知らせ&行事案内
  • 道の心得
  • 法話会
  • 墓苑・永代供養墓
  • 自然に親しむ
  • 交通のご案内
  • ブログ
  • サイトマップ

045-442-7688

  • ご相談について

〒241-0806 横浜市旭区下川井町1590-1

相武山 妙法寺 ブログ

1月の日曜法話会は27日

昨年に引き続いて、今年も1月から11月まで毎月日曜法話会を開催します。予定はこのホームページの「行事案内」&「お知らせ」でお知らせしています。また、タウンページの旭区版にも掲載させて頂きましたし、有縁檀信徒の皆さんには行事予定案内等で通知済でしたが、一般参加者の皆さんには通知が不徹底で失礼をいたしました。

20日の日曜日11時前、旭区白根町から法話会を楽しみにしているご婦人がお出でになりました。タウンページの旭区版はご覧になっていたそうですが、開催予定日を確認せずにお出でになったということでした。昨年の初夏から法話会に参加しておられる方で、すっかり20日に開催と思い込んでいたということでした。これからは適切なお知らせに注意しなければと反省しています。
タウンページをご覧になった2名の方からお電話を頂きました。バス停と当山への案内の確認でした。一人でも多くの方に仏教に親しんで頂きたいとの思いで開催している法話会ですので、より大勢の方の参加ご聴聞をお待ちしています。

27日の法話会のテーマは「釈尊について」を予定しています。仏教を開かれた釈尊のすがたとその覚られた内容を参加者と一緒に学びたいと考えています。世相は犠牲となられた方々のご冥福をお祈り申し上げ、「アルジェリアのテロ事件」について意見を述べさせて頂きたいと思っています。
今年も一年、仏道への志を共有する方々並びに仏縁を感じて頂く方々とご一緒に、仏教を正面から学んでゆきたいと願っています。

相武山 山主

2013年01月24日

里の秋

日本の秋を彩る紅葉もようやく山から里へと下りてきました。当山周辺の山道もそこかしこに秋の趣きです。北国からは雪のたよりも届けられ、ついこの間までの暑さが幻のように思えます。深まりゆく秋から初冬への移ろいは早く、寒がりではなくても寒さへの心構えは大切なようです。

さて、去る15日、目師会(もくしえ)を奉修申し上げたところ、参詣された緑区の落合さんから丹精込めたみごとな「かぶ」が御宝前にお供えされました。目師会とは第三祖日目上人の御報恩講(ごほうおんこう)であります。目師会は古来「かぶ御講」と称されている法会(ほうえ)であり、かねてそのいわれをご存知の落合さんご夫妻が、この日のためにかぶをお供えされました。行体(ぎょうたい)は信仰の上から志しの表れといわれますから、かぶにはご夫妻の信仰の真心がこめられ、その思いは宗開三祖の御照覧(ごしょうらん)にあずかるところと存じます。

昨日18日(日)は今年最後の日曜法話会でした。今年は1月の第1回からこの11月まで11回にわたって法話会を開催。少ないときは25人前後、多いときには約45人前後、平均約35人前後の方々の聴聞を頂きました。約1時間のつたない法話にお付き合い頂いた方々に感謝を申し上げます。
今年始めてという方々もおられ、「仏教に親しんで頂きたい、仏教にご縁を結んで頂きたい、法華経と日蓮大聖人の教えにふれて頂きたい」という開催目的は概ね達せられたように思っています。
昨日のテーマは「敬うこころ」、サブタイトルは「エゴと傲慢を離れ、真のやすらぎを」としてお話しさせて頂きました。世相は今の世の中を騒がす「尼崎変死事件」です。事件の概要を示し、その本質を仏教的視点から説明させて頂き、現代は自己を支えている存在、育んでいる存在への敬意と畏怖の思いが欠如し、エゴに振り回されている姿が横溢(おういつ)していることを解説。「善悪を具有(ぐゆう)する心、自身を映(うつ)す鏡を持たぬ悲哀、仏教は自己のエゴと対峙(たいじ)し超克(ちょうこく)を望む教え、仏神を畏敬(いけい)する心が人生を深く豊かにする」ことなどをお話いたしました。

ところで聴聞されている方々には気がつかないかも知れませんが、非力な私にとってこの法話会はかなりのプレッシャーです。準備には世相の情況把握から整理、仏教的視点の検討、聴聞される方々への取り組み方など、構想からレジュメつくりまで3日前後の時間を要しています。それでも聴聞される方々に、法話の意図するところが正しく伝わり理解されているかは不明で一抹の不安もあるからです。それでも昨年と今年の2ヶ年にわたって継続して開催することができました。ひとえにまじめで向学心のある聴聞衆の方々のお陰と感謝しております。

来年も引き続き開催する予定ですので、仏道の護持伝承のため、より多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

相武山 山主

2012年11月19日

法話会「菩薩のこころ」から

秋の深まりを覚える頃となりました。思索に健康にそして信仰に、人生の意義と在り方にも思いを馳せる好季といえましょう。スポーツで身体を動かして気持ちよい汗を流したり、実りの秋に感謝して味覚を楽しんだり、紅葉を愛でて行楽に足を運ぶのも結構ではないでしょうか。静けさに本をたぐり寄せて文学に親しんだり、家族・友人と交誼を深める語らいも楽しいものです。また、信仰者としては仏の教えをじっくりと学ぶ良い秋でもあります。

去る21日の日曜日は恒例の「日曜法話会」でした。この法話会は仏教に親しんでいただきたいと考えて昨年春から行われているもので、今年も1月から毎月開催し、10回の法話会を積み重ねてまいりました。お寺の敷居をできるだけ低くして、関心の有る方に遠慮なくお訪ね頂き、仏教とのご縁を結んでほしいと願って開いているものです。檀信徒の方々やすっかり顔なじみとなられた方々と一緒に、毎回新しい方にお座り頂けるようになって、法の輪が広がって行くようでうれしく思っています。

仏教のことですから、一度二度聞かれただけですぐにはわからないかもしれませんし、聞き流すだけでは、わかったつもりになっているだけかもしれませんが、一つひとつの話が、やがて仏教の奥深いおもしろさへの導きになればと考え、お話も自分なりに工夫しています。我が国の文化や伝統、習俗や生活の底流には、仏教の思想がながれていることをお伝えし、葬式・法事のためだけの仏教ではなく、より良く生きるための道しるべとして、仏教にふれて頂くことを願っています。

法話会では仏教の視点から「世相」を論じて、それぞれの人生に活かして頂きたいと考え、法話のテーマと世相を考慮してレジュメをつくりお渡ししています。今回のテーマは「菩薩のこころ」でした。世相では京都大学山中教授のノーベル医学・生理学賞受賞を話題とさせて頂きました。
山中教授の「感想を一言で表現すると感謝という言葉しかない」との発言から、かつての語録「元々臨床医の私が基礎医学をやっているのは、多くの人の役に立ちたいから。ようやく、その可能性があるiPS細胞に巡りあえた」「自分のために生きるのではなく、誰かのためにお役にたちたいと思う志があってこそ、大きな壁を乗り越えることができる」等を紹介、その人柄やエピソードなどをお伝えしながら、教授をはじめあらゆる人々に存在する「菩薩のこころ」について話しをさせて頂きました。

菩薩のこころの解説は、はじめに菩薩という言葉の由来から、仏教教団の上座部仏教(小乗経)から大衆部(大乗仏教)への発展のながれにふれ、大乗仏教におけると菩薩の諸概念について述べさせて頂きました。その上で、私たち凡夫は善と悪の両性を具有していることを認識し、内なる菩薩のこころの発揮をはかって豊かな人生を歩むように申し上げて法話といたしました。
次回11/18(日)午前11時からの法話会が今年最後の日曜法話会となります。より多くの方の聴聞をお待ちしています。

相武山 山主

2012年10月25日

心とかたち

心とかたち

20日(日)今年最後の日曜法話会を開催しました。テーマは「心とかたち」サブタイトルに「なぜ合掌をするのか」と題してのお話です。
初めにいつもどおりに日曜法話会の趣旨を述べさせて頂き、共に仏教を学ぶ心構えを確認しました。つづく世相では今話題の「TPP」を取り上げ、お話しする私自身がよく分かるテーマではないのですが、マスコミ等の解説からその意味するところを略説しました。そこでは何事にも「正と負」プラスとマイナスが必ず在ることを心得えなければならぬこと。判断するときには必ずリスクがあることを承知しておくことの大切さをお伝えしました。

メインテーマの「心とかたち」では、心はかたちをとおして伝えられること、また心はかたちを調えることによって磨かれてゆくことをお話ししました。この心とかたちの関係は仏教にも通じるもので、仏様を礼拝するときにその御宝前を厳かにお飾りすることや、お灯明をつけ香をたき花を供えること、水を中心に供物を供えること等々もすべて仏の教えを尊み仏様を恭う心の現れであることをお伝えしました。
また仏前の作法でもある「合掌」は、インドやアジア諸国でのあいさつのかたちとして親しまれているが、そこには両手に浄・不浄、悟りと迷い、仏と凡夫等々の意義がこめられ、さまざまな心のうごきを一つにして、相手を尊敬するこころが現れていることを学びました。さらに仏前での合掌には仏様と仏様の教えを尊敬し、深く帰依する信仰の心が顕れていることをお伝えしました。

今年の日曜法話会は今回を以って終了いたしました。御聴聞頂いた方々に厚く御礼を申し上げます。
明年の法話会は下記の通りです。
平成24年度 日曜法話会 開催予定日 それぞれ午前11時から
1/22,2/19,3/25,4/29,5/20,6/24,
7/22,8/19,9/16,10/21,11/18,

相武山 山主

2011年11月28日

日曜法話会から

10月の日曜法話会から

今月16日の日曜法話会は「生活の中の仏教のことば」がテーマでした。いつものメンバーに数人の新しい方もお見えでした。日曜法話会の趣旨をお伝えした後、今年は自然災害を真正面から見つめることとなり、我われが自然の一部であることを自覚し、安全安心に油断することなく日々の泰平に感謝する心を持つことの大切さをお話しました。
また、話題では米国アップル社の創業者でI T の巨人といわれるジョブズ氏の逝去の報から、師が仏教に深く関心を寄せていたことを紹介。ことに「死を意識してこそよりすぐれた人生を歩むことができる」という死生観は、仏教の心に通じるものであることをお話しました。
テーマである「生活の中の仏教のことば」では、はじめに仏教伝搬の歴史を概観した後に、仏教はことばによって伝えられた事実を解説。その上で日本の文化・伝統・習俗の底流にながれる仏教思想は、普段の生活で使われている言葉からも理解できることを述べました。具体的には「業・縁起・我慢・愚癡・世間・檀那・道楽・火宅・方便・一大事等々」の言葉の由来を解説し、生活の中に仏教の教えが溶けこんでいることを学びました。
最後に日蓮大聖人のおことばとして、妙法尼御前御返事を紹介。
「夫(そ)れ以(おもん)みれば日蓮幼少の時より仏法を学し候ひしが念願すらく、人の寿命は無常(むじょう)なり。出(い)づる気(いき)は入る気(いき)を待つ事なし。風の前の露(つゆ)、尚(なお)譬(たと)へにあらず。かしこきも、はかなきも、老いたるも、若きも、定め無き習ひなり。されば先づ臨終(りんじゅう)の事を習ひて後に他事を習ふべし」とのお言葉から、仏教では死を直視し、意識することが求められることをお伝えしました。
来月の日曜法話会は11月20日(日)午前11時からです。
皆さまのお出でをお待ちしています。

相武山 山主

 

2011年10月26日