相武山 妙法院のブログ

相武山 妙法院のブログです。

相武山 妙法院

  • HOME
  • 相武山 妙法院
  • お知らせ&行事案内
  • 道の心得
  • 法話会
  • 墓苑・永代供養墓
  • 自然に親しむ
  • 交通のご案内
  • ブログ
  • サイトマップ

045-442-7688

  • ご相談について

〒241-0806 横浜市旭区下川井町1590-1

相武山 妙法寺 ブログ

七五三のお参り

幼い子どもの健やかな成長を祈る七五三祝い参りに今年も5名の子どもがお参りされ、本堂には子どもたちの可愛い声とご家族の明るい声が響きました。御本尊さまにこれまでの無事に感謝申し上げ、今後の健やかな成長を御祈念申し上げた次第です。
坂上華蓮ちゃん、菅野太翔くん、菅野羽美ちゃん、白濱柚李ちゃん、内堀眞那ちゃん、皆さまのご多幸をお祈りしています。

相武山 山主

2018年11月30日

かぶ御講を奉修

18日、日曜法話会に引き続いて日目上人会を執り行いました。法会の御宝前には前日の夜に緑区の落合さん夫妻がお届けになったカブと大根が供えられました。参詣の皆さんと如法に読経・唱題を勤め、第三祖日目上人への御報恩を懇ろに申し上げました。法要後には私より日目上人の御事跡についての解説。
宗開両祖への常随給仕と法華本門の教えを命をかけて弘通されたお振舞について略述し、末弟となる私たちもその御意志を拝して仏道精進することがご報恩となることをお伝えしました。

古来、大石寺門流では日目上人会は「目師会」と略称され、「カブ御講」とも称されています。カブ御講のいわれはカブの収穫と味覚が旧暦11月15日のご命日忌の頃という単純なことのようですが、カブを御本尊様に供えながら日目上人への御報恩に思いを寄せることは意義があり、親しみある言葉を通じて信仰が深められることは結構なことだと思います。

相武山 山主

2018年11月29日

末法思想について

当山の日曜法話会は11月18日が今年最後の開催。1月から11月まで毎月一回「仏教に親しみ、より正しく理解願いたい」を主旨として開催してきました。浅学非才の私には結構荷が重い法話会でしたが、少しでも仏教に親しんで頂きたいと願って務めてきた次第です。
法話会は「世相」と「主テーマ」の2本立てとなっています。今年最後の法話会の世相は「いわれを知り雑学を楽しむ」でした。NHKの人気番組「チコちゃんに叱られる」を取り上げ、『常日頃、当たり前として行っている言動の意味を探ることは知的好奇心を呼び起こし、そのいわれを知ることによって、言動を意識して用いることができ、日頃の生活や文化・習俗を雑学として楽しむことができる』ことをお伝えしました。

続いて法話会の主テーマ「続・日本の仏教 ー末法思想についてー」。
日本仏教に大きな影響を与えた末法思想についてインド、中国、日本の諸相を学び、平安時代から鎌倉時代までの仏教諸宗が末法をいかに克服しようとしたかを学びました。日本仏教史に大きな足跡を残している末法思想は、これからもその内容がさらに深められて行くことになりそうですが、末法思想を仏教の時代相として限定的に捉えるのではなく、末法思想に内包される仏教の教えをくみ取り現代に活かすことが大切であることを述べました。例えば「釈尊の存在しない無仏の世(末法)には如何なる導師を立てるべきなのか」。「末法の修行は如何にあるべきなのか」。「煩悩を捨て去ることのできない愚人は如何にして救われるのか」。「末法は愚人という認識は人生と社会をどのように導くのか」等々です。

仏教はその寛容性と多様性によってアジア全域に流布しましたが、各時代や各地域によって受容と展開が異なりますから、基本思想は共有していても日本仏教は日本の仏教として考察しなければよく理解ができません。少し時間はかかりますが、これからも有志の方々と倶に日本仏教の歴史を丁寧に学んで行きたいと考えています。明年も仏教に親しみより良く仏教を理解頂くことを願い、1月から11月まで日曜法話会を開催いたします。
有縁の皆さまの参加聴聞をお待ちしています。

相武山 山主

2018年11月29日

諸法は実相と覚悟して

去る12日の朝、君津市慈照院住職、佐野縁道師の訃報を受けました。11日(日)円乗寺と願生寺の御会式に参詣した折、教区の僧侶より『慈照院さんは元気で3日には御会式を奉修された』と聞いていたばかりでしたから驚くばかりでした。
佐野師は昭和18年11月福島県の蓮浄寺に出生、昭和42年に日達上人の弟子として得度され、富津市の本顕寺に住職として赴任。昭和53年には本顕寺を君津市に移転新築されました。その後、日興門流の再興を求める正信覚醒運動に参画し、運動の永続と檀信徒の信行成就を願い、平成24年12月、現在地に新菩提寺慈照院を檀信徒と合力して建立されました。

師は青年の頃から清廉にして温厚篤実な性格で、僧俗ともに信頼の篤い方でした。枕経の折りに奥様から『信仰一筋のとても優しい方でした。常に仏法のため、信徒のため、お寺のため、という思いで最後までがんばっていました』とうかがいました。
16年ほど前から身体の不調を覚えられ、徐々に進む病状に戸惑いを覚えていたようですが、パーキンソン病と判明してからは、病と身体の不自由さを隠すことなく、従前通り日々の法務に精励され、難事業である新菩提寺建設も率先垂範、ご信徒を教導して完遂されました。実に見事な精神力でした。

病の進行もあって行事や諸法要には有縁僧侶の支援をうけることもありましたが、できるだけ自身で務めて居られました。思うようにならぬ身体にむち打ち、渾身の力をふりしぼって勤められる法務の姿からは、『僧道に生きる』という師の信仰心が伝わってきました。身体を斜めにしながらの読経・唱題、そしてご観念、声をふりしぼっての真剣な法話、お題目の太鼓も片手で打たれていたとうかがいました。

病を得たことを受け容れたこと、病を隠すことなく僧道に励まれたこと、そのすべては佐野師の信仰心と見識を顕すものであり、「諸法は実相」という法華経の教えの実践であります。諸法の実相とは一切の存在(諸法)はまこと(実)のすがたということで、私たちの知見する一切の存在に偽りはないということです。人が老いることも、病むことも、健康であることも損なうことも、思うようになることもならぬことも、その一切は真実であるとあるがままに受容し、覚悟することができれば自ずと道が開けると仏教では説かれています。
葬送の儀では、難病を受け容れあるがままの姿をご信徒や私たちに示された佐野師の深く強いご信心に改めて敬意を表した次第です。
どうぞ霊山において安らかにおやすみください。

相武山 山主

2018年11月28日

厳かに御会式を奉修

当山の年間行事で最も大切な御会式を今年も3日と4日の両日にわたって無事に奉修することができました。御会式は宗祖への御報恩を申し上げる法要ですが、その教えを確認して自らの信仰を自覚する門下僧俗にとって大切な法要です。
御会式の御宝前を飾る桜の花は月例行事に参詣されるご信徒の手によって9月~10月にかけて作られ、1日のお経日には小原さんと興厳房によって「重ね餅と竿餅」がつくられました。その他、準備を調えて3日は午後1時半から数人の檀信徒の協力を頂いて御宝前の飾り付けを行い、午後4時からは御逮夜法要を迎えました。

例年当山のお逮夜法要ではご信徒に御先師の申状を奉読して頂いています。申状は法華宗日興門流の先師が時の為政者に対して、末法における仏道を諫行されたものであり、その内容は宗祖証得の「法華本門の教え」を端的に示されたものです。お逮夜法要で御先師の申状を拝読することにより、その御精神にふれて頂きたいと願い、当山開創時より奉読頂いています。

今年は大聖人を畠由紀夫さん、日興上人を𠮷田里美さん、日目上人を𠮷田勝利さん、日道上人を安西美子さん、日行上人を森良美さんに奉読頂きました。皆さんよく練習をされて奉読に臨まれ、心を込めて厳かに読み上げて居られました。これからの信仰生活にとって清らかさと深みが一層増すことと存じます。
かなり以前には御会式のお逮夜と御正当の両日に参詣される方が結構いらっしゃったのですが、最近はどちらかを撰ばれているようで、お逮夜法要は参詣者が10~15名くらいで少し淋しい感じでした。今年は時間を早めたこともあって25名くらいの方がご参詣。いたずらに人数を追うわけではありませんが、少しでも多くの檀信徒の方々に参詣頂き仏道の功徳を積んで頂きたいと思いました。

翌日の御正当会は当山にはめずらしく雨の法要となりました。以前は法要の天気に気をもむこともありましたが、世の中が少し理解できるようになると「雨の法要も風情があってまた佳し」と思えるようになるから不思議なものです。心の持ち方一つで天気すらも変わるんですね。世話人有志の方々が開式の1時間半前に参集。各自諸役を確認して法要の準備にあたって頂きました。行事や法要では私や興厳房だけでは無事に執行することができませんから、お世話頂く方々の支えに感謝しています。これからも多くの方々に積極的にご協力頂きたいと思っています。

昨年の御正当会は本堂満席でしたが今年は都合の悪い方も多かったようで少し空席もありました。定刻前に司会進行の阿部一博さんが御会式の意義について説明され開式。正信会有縁の僧侶の臨席を得て、如法に読経、焼香、申状・安国論奉読、唱題を厳修。檀信徒の皆さまと倶に日蓮大聖人への御報恩を申し上げました。
法要後は興厳房による「鏡を磨こう」と題しての講演、私と新倉講頭の挨拶と続き、唱題裡に御宝前のお花崩しが行われました。帰路につかれる参詣者にはお供物が振る舞われ、今年の御会式も無事に奉修することができ、ささやかな法悦と安堵を得ることができました。参詣者皆さまのご信心に感謝しています。

相武山 山主

2018年11月24日

10月の日曜法話会

現在、日曜法話会では日本の仏教史を継続的に学んでいます。
仏教はインド出生の釈尊によって創唱された世界宗教です。その基本思想は普遍的なものですが、その寛容性と多様性から時代や地域によって異なりがあるのも事実です。私たち日本における仏教もインド原始仏教やと東南アジアの仏教、中央アジアや中国・韓国の仏教とは異なる日本的な仏教ということがいえるでしょう。そのいわれを知るためには日本仏教の歴史を概観し理解する必要があります。

10月の法話会では先月に引き続き、平安時代中期~後期の仏教「浄土信仰から専修念仏について」。
念仏信仰とは本来「仏を念ずる信仰」であったものが、阿弥陀仏の救済を信じて西方極楽世界に往生を願う信仰となり、当初は観想念仏(仏身・仏国土を憧憬の念を持って想い敬う念仏)であったのが、南無阿弥陀仏と弥陀の名号と唱える称名念仏となり、やがて一切の仏教経典を措いて専ら称名念仏に努める専修念仏にいたったながれを解説。
次に「浄土信仰の担い手」として、平安時代の寺院は国の管理下にあり、浄土思想は主に都の貴族の信仰であったこと。また、(官)僧は現代でいう公務員であり、官僧は制約も多く、国家のために仕事に専念するしかなかったこと。そのような制約により、庶民の救済ができない状況に嫌気が差して官僧を辞し、個人的に教化活動する「私度僧」が現れるようになり、大寺院に所属しない名僧を「聖」(ひじり)ということなどを説明。

続いて念仏僧として著名な「空也」「良源」「恵心」について簡略に解説。下級貴族の間に浄土教が広く普及していくに従い、上級貴族である藤原氏もその影響を受け、現世の栄華を来世にまでという思いから浄土教を信仰。やがて末法思想の流布と共に浄土信仰は大きなうねりとなり、日本の仏教は国家管理の旧仏教から民衆を救済の対象とする大衆仏教への転換期を迎え、浄土信仰は法然によって専修念仏へと向かったことを解説。
最後に専修念仏を主張し日本浄土宗を開宗した法然の生涯と著述、思想と教えについて略述して法話会を結びました。
今年最後となる11月度の法話会は18日(日)に開催。テーマは日本仏教に大きな影響を与えた「末法思想」についてです。
皆さまの参加聴聞をお待ちしています。

相武山 山主

2018年10月29日

有志竟成とその語録

10月度の日曜法話会は14日の開催。

「世相」では『本庶教授、ノーベル賞を受賞』をテーマに取り上げました。
2018年のノーベル医学生理学賞は京都大高等研究院の本庶 佑特別教授(76)と米テキサス大のジェームズ・アリソン教授の2氏に授与されました。
従来のガン治療は「手術・放射線療法・化学療法」で、外部からガン細胞を除去する治療方法でしたが、両氏の研究によって新たに免疫療法による治療の道が切り拓かれたことが受賞の理由です。免疫研究によって創られた新ガン治療薬が「オプジーボ」。免疫のブレーキとなる「PD-1」と呼ばれるタンパク質の働きを妨げることで、がん細胞を免疫に攻撃させて治療する薬です。この研究と薬剤のお陰で多くのガン患者が救われました。

本庶教授の座右の銘は「有志竟成」(堅固な志を持つ者は必ず目的を成し遂げられる)であり、モットーは『知りたいという好奇心』と『簡単に信じないこと』と報じられていました。何ごとにおいても明確な志がなければ目的を立てることすらできませんし、目的を立てたとしてもその志が軟弱であれば成し遂げることなどできません。すなわち、人生においては志を立てるということが第一であり、次にその志を強く堅いものとなるように磨いて行くことが大切なのです。その実践に努めたならば、自らの願うようなかたちになろうとなるまいと、目的は成し遂げられたことに気づくことでしょう。人生において「好奇心の大切さ」と「むやみやたらに信じることの危険性」にも同感しました。

教授から語られた語録には価値のあるものが多く、そのいくつかを法話会の参加者にご紹介しました(以下)。
☆ 「優れた研究者には6つのCが必要」
「challenge(挑戦)」 「confidence(自信)」 「courage(勇気)」 「concentration(集中力)」 「curiosity(好奇心)」 「continuation(持続性)」 。
☆ 知りたいと思う、不思議だなと思う心を大切にする。
『土星の輪がなぜああいうふうにできるのか知りたかった(小学生の頃)』
☆ 教科書に書いてあることを信じない。
(基本と言われていることに疑問を投げかけ、新しいことを発見したり、応用してオリジナリティなものを作ることが大切)
☆ 『本当はどうなっているんだ?』という心を大切にする。
(自分の目でモノを見る、納得する、そこまで諦めない)
☆ 『科学は多数決ではない。既存の概念を壊す少数派の中の中からこそ新しい成果が生まれる』
☆ 『何が大切かについて生命科学は100人いたら100通りの解がある。どこに課題があるかすら分からない。たくさんのことをやってみないといけない』
☆ 物事に不可能はない。必ず道があるとの思いでやってきた。
☆ 実験というのは失敗が当たり前で、一回一回のことでめげていたらダメ。
☆ 『多くの人が石ころと見向きもしなかったものを、10年、20年かけて磨き上げ、ダイヤモンドであることを実証すること』
☆ 『子どもの頃に、野口英世の伝記を読んで、医師として研究者として、非常にたくさんの人の役に立ちたいと思いました』

・・・・・
優れた研究者はすぐれた人生の先達といえるでしょう。

相武山 山主

2018年10月29日

暴風と塩害

今年は台風の当たり年でしょうか。ついこの間強い台風が来襲したばかりと思ったら、9月30日の夜には風24号が和歌山県に上陸。近畿地方から東北へ日本を縦断して行きました。
各地に暴風の被害をもたらしたこの台風は、当山の門扉と竹垣を吹き飛ばし、境内一面に樹木の枝葉を乱舞させ、1日の御経日の前に作務を増やしてくれました。また、台風の時には当山本堂南側と正面南側の扉から雨が吹き込むことも多いので、前日の夜には畳を上げて用心して居ましたが予感的中でした。それでも大事に至らなかった事は何より有り難いこと。「無事」はすべてに優先して尊いことと感謝しています。

台風の通過から2日ほど経って三師塔裏手のイチョウの葉の色が半分変わっていることに気がつきました。まだ黄葉でもないのにどうしたのかな?と見ているうちに台風の塩害かもしれないと思い、調べてみるとどうもそのようです。横浜市の北西部にあたる当山ですが、直線距離にすれば東京湾から10キロ、相模湾から20キロもありません。あの猛烈な風に海水が飛ばされてきたのでしょう。自然の力の大きさに驚くばかりです。

相武山 山主

2018年10月28日

明るい笑顔が忘れられません

お寺の行事などでいつもご協力頂いていた横須賀市の新倉進一さんが急逝されました。新倉さんはお父さんの松五郎さんとお母様の信仰を継がれて、当山開創当時からのご信徒です。横須賀市にお住まいでしたし、長く仕事をしておられましたから、岸根や羽沢の時代にはあまり参詣することができないようでしたが、妙法院が現在地に移転する頃から少し時間がとれるようになり、積極的に参詣されるようになりました。ここ数年は年中行事はもちろん毎月の法話会には必ず参加されていました。

また、遠路にもかかわらず兄弟の皆さんと一緒に「境内の草取りや堂宇の清掃」にもご協力いただき、御会式や総会等の時には駐車所の整理に奮闘して頂きました。明るい笑顔で参詣者に声をかけられていた姿が忘れられません。

9月の法話会には出席されていましたが、その後持病の心臓病のために緊急入院され、いつも欠かすことのない彼岸の法要にも参詣されませんでした。弟の昇三さんから彼岸会のおりに状況をうかがっていましたので朝夕の勤行の砌に御平癒を祈念しておりましたが、9月29日に急逝されました。行年81歳でした。新倉さんもご苦労の多かった人生のようでしたが、晩年には心置きなく法華経の信仰に励んでおられましたから霊山浄土は間違いないことと存じます。ご家族の方々としめやかに葬儀を執り行い心よりご冥福をお祈り申し上げました。
進一さんありがとうございました。

相武山 山主

2018年10月28日

秋のお彼岸

今年の秋の彼岸の入りは20日。その前日頃から墓所や永代供養墓にはご縁のある方々がお参りにお見えになり、檀信徒の方々からは有縁精霊やご先祖への塔婆建立願いの電話やファックスが届きました。夏のお盆が過ぎたばかりですが当山のご信徒の多くは秋のお彼岸を疎かにされることはなく、信仰心が薄くなってきたといわれる世相にあって尊いことと感じた次第です。
当山の秋季彼岸の法要は23日(日)と24日(月)の両日午後1時から。時に秋の行楽シーズンに入って当山周辺の保土ヶ谷バイパスや中原街道は、ズーラシアや東名高速のインターに近いこともあって道路はかなりの混雑。参詣者の中にはすっかり遅れてしまった方もありましたが、その思いやりの心は有縁精霊とご先祖に必ずや通じていることでしょう。
法要は如法に献膳・読経・焼香・唱題とお勤めし、富士日興門流先師への御報恩、当山檀信徒有縁諸精霊と願い出の塔婆供養諸霊への追善ご回向を申し上げました。
その後の法話では「聖人知三世事」を拝読。
『仏道では冠婚葬祭の仏事執行も大切であるが、日頃から法華経や日蓮大聖人の教えを学び自らの人生に仏教の叡智を活かすことが大事』
『法華経をなぜ読誦しているのか、南無妙法蓮華経のお題目をなぜ唱えているのか、自らの信仰を問いかけ、自分のことばで素直な回答ができるように心がけてほしい』
『宗祖は佐渡から身延における最後のご教導において、度々「日蓮は不軽菩薩の跡を承継する」と仰せであり、不軽菩薩の「担行礼拝の姿勢、順縁成仏の理解、其罪畢値の自覚」の教えを理解し、共に法華本門の正しい信仰を身につけて行きたい』等々申し上げお彼岸の法話としました。
法話の後にはお花作りにもご協力頂きありがとうございました。

相武山 山主

2018年09月30日