相武山 妙法院のブログ

相武山 妙法院のブログです。

相武山 妙法院

  • HOME
  • 相武山 妙法院
  • お知らせ&行事案内
  • 道の心得
  • 法話会
  • 墓苑・永代供養墓
  • 自然に親しむ
  • 交通のご案内
  • ブログ
  • サイトマップ

045-442-7688

  • ご相談について

〒241-0806 横浜市旭区下川井町1590-1

相武山 妙法寺 ブログ

令和元年度御会式を奉修

10月27(日)午後2時から令和元年度日蓮大聖人御会式御正当法要を奉修しました。世話人の方々は12時半に参集。境内、堂内、受付、駐車場と各担当を確認し諸準備にあたって頂きました。定刻10分前には司会進行の阿部さんが「御会式の意義について」を読み上げ開式。法要は仏祖三宝尊への献膳から読経・焼香と如法に進められ、自我偈の前で磬一打。臨席の僧侶によって御先師の申状が奉読され、住職が立正安国論を奉読し、法華本門の教えとその弘通を表白いたしました。その後自我偈・唱題と修され、参詣僧俗一同日蓮大聖人への御報恩を申し上げました。

法要に引き続いて、茨城県願生寺住職高橋恩道師が「五欲を離れずして」と題して講演。師は四条金吾殿御返事を拝読。はじめに四条金吾殿の人柄について語り、次いで竜口法難から池上御入滅にいたる宗祖との強い絆について説明。さらに普賢経『煩悩を断ずることなく 五欲を離れず』と、天台大師の摩訶止観『煩悩即菩提 生死即涅槃』を引き、法華経による成仏とは、難行・苦行に励んで欲望を断つものではなく、南無妙法蓮華経のお題目を受持する一行であり、宗祖は『欲をも離れずして仏になり候ひける道』とご教示であることを述べ講演とされました。

その後、私から明後年度に宗祖のご生誕800年を迎えることから、正信会で取り組んでいる「大聖人さまへの想い」について説明、参加ご協力をお願いし挨拶としました。続いて新倉講頭が『仏弟子との自覚をもって油断なく仏道に励みましょう』と挨拶。引き続いて唱題の中、世話人によって「お花くずし」が行われ法要は無事厳粛裡に閉式となりました。参詣者はお供物を頂戴し信仰の歓喜を語り合いながら帰路につきました。

相武山 山主

2019年10月30日

お飾りと御逮夜法要

御会式の準備が調った26日(土)は正午から御宝前のお飾り。御宝前の両側に台を設え、桜の木に擬した胴藁を中心に桜花を飾ります。去年までは御逮夜法要の当日午前10時から数人の世話人でお飾りをしていましたが、今年からはできるだけ多くの方に参加頂きたいと考え、お飾りの時間を正午からとしました。

はじめに24日午後に小原さんと興厳房がつくったのし餅を胴藁に巻き、転法輪や金紙銀紙で飾られた帯で締めます。ついで連ねたミカンと柿を胴藁の上部に巻き付けて、三角餅や手餅やあられ餅などを飾り、胴藁の上に桜の花を飾って完成。胴藁などの飾りは須弥山に擬しているといわれています。

参加者が多かったのでいつもより早く50分ほどでお飾りは完成。御逮夜法要は午後3時からですから、各自客殿で軽食をとりながら歓談となりました。御逮夜法要では毎年ご信徒の方に御先師の申状を奉読頂いています。申状奉読の方々にはお飾りから参加をお願いしてありましたので、お飾り後は最後の練習を行いました。各自奉読の申状を私が始めに読み上げ、続いてしっかりと奉読練習。さらにお焼香の作法と三身供養の散華の作法を練習して頂きました。

当山は里山のような環境にあります。相鉄線三ツ境駅からバスで5分ほど、若葉台行きの便も頻繁にあり、矢指町入り口バス停からも徒歩4分ほどです。便利は悪くないのですが、日が暮れると少し寂しくなります。そこで今年からは御逮夜法要を午後3時という明るい時間から執り行うことにしました。

法要開始10分ほど前からの唱題の中、申し状奉読者が内陣に着席し、導師が入堂して御逮夜法要が開式。如法に法華経要品読誦・焼香と進み、寿量品自我偈の前にて磬一打。興厳房が日有上人の申状を奉読し、続いて私が立正安国論を奉読。その後、泉区の高橋さんが日蓮大聖人、大和市の吉田さんが日興上人、金沢区の新倉さんが日目上人、中区の竹越さんが日道上人、中区の奥田さんが日行上人の申状をそれぞれ奉読されました。皆さんよく練習されてまさに音吐朗々、まじめな信仰心が伝わってくるような真剣さに宗祖もきっとご嘉納遊ばされたことでしょう。

最後に私から御会式の意義を踏まえて、宗祖の教えは法華本門の教えであり、「南無妙法蓮華経のお題目の一行に仏法の全体が包摂されている」ことを信受することが信仰の要であることをお伝えし、互いに信心を深めて行きたいと述べ住職挨拶としました。

相武山 山主

2019年10月28日

御会式を迎えるために

毎年御会式を迎えるために9月の初旬より準備を始めます。御宝前を荘厳する桜のお花つくりがメインとなりますが、つぼみ、緑の大小の葉、桜花、と部材を用意し、最後に割竹にフローラルテープで巻き付けて完成です。桜の花で御会式の御宝前をお飾りするのは、弘安五年十月十三日、武州池上(東京都大田区池上)にて日蓮大聖人ご入滅の際、時ならぬ桜の花が開花したことに由来しています。また、ご本仏の「滅不滅・常住此説法」をお祝いする意義もこめられています。

例年、月例のお経日(1日)や宗祖御報恩講(13日)に参詣されている方々や世話人の方が、お花作りの準備や作成をしてくださっていますが、檀信徒の皆さまにも御会式にはお客さまとして参詣するのではなく、一人ひとりが日蓮大聖人の末弟としての姿勢で臨んで頂きたくご案内をしています。今年は秋のお彼岸にも機会を設けていましたが、準備の手違いでせっかく時間を用意頂いた方々には失礼をいたしました。また、12日の題目講の後に予定していた作業は台風19号の影響で中止となりましたが、14日に落合さん、久保さん、森さん、小出さん、阿部さんが心配されて参集。この日にすべてのお花をつくってくださいました。桜花準備完了です。

20日(日)は午前11時から日曜法話会でしたが、その前に1時間半ほど境内と参道の清掃、本堂や受付、ロビーやトイレの清掃を行いました。阿部さん、落合さん、小原さん、安西さん、森さん、久保さんには、本堂の格子窓や受付やロビーのサッシ窓などを丁寧に清掃頂きました。バス通りからの参道は熊木さん夫妻が汗を流してくださり、駐車場の草取りには芦川さん夫妻が頑張ってくださいました。

お陰様で浄められた境内と堂宇で大切な御会式を執り行うことができます。興厳房と私だけでは境内整備も清掃もままなりませんので皆さまのご協力に心より感謝いたします。まことにありがとうございました。

相武山 山主

2019年10月25日

自然災害を人的災害にしないために

10月度の日曜法話会は台風19号の直撃から1週間が経った20日に開催しました。まだ被害の全容は明らかではありませんが、第一部世相のテーマでは「自然災害を人的災害にしないために」と題して、今回の大きな自然災害の現状について参加者の皆さんと一緒に考えてみました。

はじめに「自然災害の厳しさを被害状況と数字から学ぶ」として、台風19号の本州直撃の状況、気象庁からは狩野川台風に匹敵するという注意喚起、変化が見られる近年の台風対策、大雨警報と洪水警報、河川の氾濫と水害、水害と土砂災害などについて、19日までの所轄部署からの報告資料に基づいて説明。いまだ台風19号の被害状況をすべて知り得るわけではありませんが、その猛威と甚大な被害を皆さんと一緒に振り返りました。

その上で『自然の営みは人智を越えたもの。自然と私たちは運命共同体。私たちの故国日本はすばらしい自然に恵まれているが災害も多い国。備えあれば憂いなし。犠牲者や被害者の方々に心を寄せ、明日は我が身と心得る。一人ひとりができる寄付やボランティアに努める。災害を教訓とする智慧と行動が大切。人智を探りみんなで協力し合えば自然災害も少しずつ克服できると前向きに考える。自然災害を人的被害にしないよう努めよう。』との私の意見をお伝えしました。

第二部のメインテーマは「鎌倉仏教、日蓮と法華宗(3)」。先月の『日蓮の生涯』に続いて『日蓮の求道とその教え』。日蓮の求道の志とその道程、立教開宗から入滅までの教えについて学ぶ予定でしたが、世相のお話でタイムオーバーとなってしまいました。

当山ではこの度の台風の犠牲となられた方々のために、塔婆を建立して御回向を申し上げておりましたので、法話会に参加聴聞された方には、精霊檀にての焼香をご案内いたしました。皆さま真心込めて追善のお焼香を手向けておられました。
11月の法話会は17日(日)の開催。今年最後の法話会となりますので皆さまの参加聴聞をお待ちしています。

相武山 山主

2019年10月23日

大雨特別警報

台風15号直撃の傷も癒えぬ10月12日、台風19号が伊豆半島に上陸、激しい暴雨風雨がまた関東地方を直撃しました。この台風は発生当初から危険な台風といわれ、アメリカでも最大級の脅威が報じられていました。2・3日前からマスコミによって準備や避難が促されていましたが、交通機関の対応も早く前日には運行の可否や時間が報じられていました。

昨年7月の西日本豪雨や9月の台風21号の関西直撃などを教訓に、命を守る避難、会社の勤務システムや交通機関の運行などの対応もかなり向上したように思います。「失敗は成功の母」といわれますが、私たちは失敗や過失から多くのことを学ぶことができるのです。
少し前までは自然災害の規模も考えず、対応も甘く、精神力で対応できるものもできないものもあるのに、ステレオタイプに決められたフレーズを語り、かえって、被害を拡大させてきたきらいがありますから、私は近年増加している自然災害への対応がかなり整理されてきたという印象を持ちました。諸行は無常、同じ状況は二度とないのですから、災害については的確な情報分析と適切な対応が肝要と思います。

19時前に伊豆半島に上陸した台風19号は8時頃にはヨコハマを通過した模様で、その時は当山でも風雨共に静かになり『台風の目が過ぎて行くんだな~』と実感できました。21時頃には町田市を通過して、その後北関東から東北地方の太平洋上に抜けて行きました。

この台風の直撃によって箱根町では48時間に1,000㎜という降雨量を記録。横浜など神奈川、東京、埼玉、群馬、静岡、山梨、長野の1都6県には午後3時半、気象庁から「大雨特別警報」が出されました。この警報は警戒レベル5相当で、『数十年に一度の重大な災害が予想される』として『命を守るための最善の行動』を呼びかけたもの。

気象庁は夕方から夜にかけ『すでに甚大な被害が発生している模様・・・』とコメントしていましたが、その予想は現実のものとなり、深夜になって各地で河川の氾濫や水害、土砂崩れなどの被害が報じられました。国民皆が不安のなかに夜明けを迎えましたが、翌朝には関東から東北まで甚大な被害が広がっていることが報じられ、数多くの方々が尊い命を失い、水害と暴風雨の被害が甚大であったことがわかりました。犠牲となられた方々のご冥福を祈り、被害を蒙られた方々の復旧復興を心からお祈りしています。

相武山 山主

2019年10月14日

ここにいてはダメ

台風19号が関東地方に上陸と予報され、河川の氾濫や高潮による水害も予想されると聞いて、東京都東南部の海抜ゼロメートル地帯のことが気になり、江戸川区の広報を開いてみた。そこで江戸川区の水害ハザードマップをみてビックリ。そこには『ここにいてはダメです』というショッキングな見出し。このハザードマップは、江戸川区が今年5月20日から区内全世帯に配布しインターネットに公開したもの。

区役所が発信するにはかなり過激なキャッチコピー。きっと賛否両論だろうなと思っていたら、皆さん冷静に受けとめて居られるようでさしたる批難もなかったようです。それにしても自身が居住する自治体から、生活している場所を『ここにいてはダメ』といわれて驚かない人はいないでしょう。

ハザードマップによれば江戸川区には関東地方で降った雨の大半が集中するという。江戸川区は荒川や江戸川など大きな河川の最下流に位置し、その7割が海面よりも低い「ゼロメートル地帯」ということです。
このため、巨大台風や大雨が降って河川が氾濫したり、高潮が発生したり、排水が間に合わなくなると『区内のほとんどが水没』するとハザードマップに書かれています。さらに被害は江戸川区にとどまらず、墨田区、江東区、足立区、葛飾区を含む江東5区で発生し、250万人が被災すると想定しています。

江東5区の250万人が被災すると、救助も混み合い、復旧も難しいことが予想されます。電気・ガス・水道・トイレなどのライフラインが断絶した環境で2週間の生活を覚悟しなければならないと注意を促しています。そのために広域への避難を呼びかけているのです。

さらに、ズバリ『あなたの住まいや区内に居続けることはできません』とまで書かれています。なぜ江戸川区はこんな表現を使ったのでしょうか。
区の担当者は『まず、このハザードマップを見て、正しい情報を理解して、広域避難について考え、そして自らの命を守る行動に結び付けていただきたい、という思いをこのフレーズに込めています。そして、表紙だけでなく中を見て、江戸川区の地勢(地形の起伏)や、大水害が起こったらどうなるのか知って、広域避難について考えていただきたい』と語っています。
私は人命第一の賢明な判断であり、強いアピール力のあるフレーズだと感心してしまいました。

相武山 山主

2019年10月12日

仏教東漸の道を訪ねて(中)

今回の中国西域シルクロード探訪のメインは6月27日の炳霊寺石窟と28日の麦積山石窟の見学でした。両遺跡とも中国甘粛省の黄土高原に在ります。前日26日、私たちは列車で敦煌から蘭州へ中国西域を東に向かって移動しましたが、この地域は古来、河西回廊(かせいかいろう)と呼ばれていました。河西とは中国甘粛省(かんしゅくしょう)の黄河から西,祁連(きれん)山脈の北側にそった狭長な地域のことで、ゴビ(砂礫地帯)の中にオアシスが点在しシルクロードの東端を形成しています。漢の武帝はここを占拠していた匈奴を撃退し,東西貿易路を確保。紀元前1世紀の頃、酒泉,張掖,敦煌,武威の河西4郡が設置されていました。

27日は天気予報のとおりに雨でしたが本降りではなく穏やかな雨でした。蘭州市中心街から劉家峡(りゅうかきょう)ダムまで朝の混雑もあってバスで約2時間の行程でした。劉家峡ダムは蘭州市の南西にある黄河上流部の峡谷につくられたダムで中国有数の大型ダムです。このダムから炳霊寺石窟まで人造湖「炳霊湖」をモーターボートで向かいます。所要時間は約1時間。その昔は陸路で徒歩や馬、車などでかなりの時間をかけて炳霊寺石窟に向かったそうです。

ダムにはいくつかの河から水が流れ込んでいます。ガイドさんが『黄河本流の上流はもともと青い色をしていますが、ダム湖には、洮河、黄河、大夏河の3つの川が注ぎ込みます。出発してすぐに黄色い水の洮河と、青い黄河が合流しますから見ていてください』と説明してくれました。そのとおり水面の変化に驚きましたが、また、ボートのスピードがかなりの速さで少し怖いくらいでした。

炳霊峡に入ると周囲の岸には屹立した岩山が迫ってきました。かねて見てみたいと思っていた「黄河石林」です。造山活動で岩が林立しているといえば中国の桂林が有名ですが、炳霊寺石窟に近づくにつれ石林が林立している黄河石林もみごとなものでした。ボートから下船して小雨の中、炳霊寺の門をくぐります。

ここ数日雨が続いているらしく私たち以外の観光客はほとんどいません。貸し切り状態での見学となりました。炳霊の名はチベット語の「十万仏」に由来しています。全長2キロにわたる石窟は、十六国時代の西秦(385~431)から隋、唐、明、清時代まで造営されたといわれています。険しい峡谷にあってイスラム教徒による破壊や外国人探検家による持ち出しを逃れたため、貴重な仏像が多く残されている石窟です。私たちは小雨の静寂のなかじっくりと仏教信仰の歴史を学びました。

ボート乗り場隣接の水上レストランでランチを頂いてから劉家峡ダムへ。劉家峡ダムからはバスで蘭州駅へ。中国の発展を如実に示すような蘭州駅で小憩し高速鉄道で天水へ。天水は大都会ではなく落ち着いた都市でした。夕食後は興厳房と少し街を散策。部屋に戻って炳霊寺の観想を語り、明日の麦積山石窟の予習をしてやすみました。

28日は曇り空でしたがやがて晴天という天気予報で期待もふくらみながらホテルを出発。天水市の南東、秦嶺山脈の西端にある麦積山までは45キロ、約1時間20分ほどの行程。駐車場からはカートでの移動です。交河故城や敦煌莫高窟でもそうでしたが、これからは駐車場からカートでの移動が一般的になりそうです。この日は観光客も多く、カートを降りても少し混雑していました。降車場からは徒歩で麦積山に向かいますが一歩一歩歩みを進めるとみごとな石窟群が眼前に広がってきます。

麦積山とは麦藁(むぎわら)を積み重ねたような山容に由来しますが、『高僧伝』中にもみえ、420年ごろにはすでに300人もの僧が常住していたことが知られています。北魏(386~534)時代に開かれた石窟や仏龕(がん)が多く、その後、西魏、北周、隋、唐、宋と造営が続けられた石窟です。山の南面の中央に崩壊した箇所があり、これを境にして東崖と西崖に二分されます。現存の石窟と摩崖(まがい)仏は東西で194を数え、窟内には仏像や壁画、天井画が残っていますが、桟道を上ったり移動したりするのはかなりの労力を必要とします。しんどいなと思いながらもこれが最後かもしれないと想い、息を切らせながらの仏教遺跡探訪となりました。

麦積山では限られた時間でしたが1500年におよぶ中国での仏教信仰を学ぶことができ、とても深い感動を得ることができました。観光客には歴史の探訪かも知れませんが、仏教徒である私たちにとっては時間を越えて先達の信仰の息吹にふれるすばらしい時空でした。心の中で歴史のながれを追いながら麦積山石窟を名残惜しく後にしました。その後、バスで天水南駅にもどり、天水南駅から高速鉄道で西安北駅まで移動。いよいよ「仏教東漸の道を訪ねて」も最終日を迎えます。(つづく)

相武山 山主

2019年09月29日

旅への想い

8月のブログでシルクロードの旅についてお伝えしましたら、数人の方から『旅がお好きなんですか?』というお尋ねを頂きました。すぐに『そうなんです。不器用なのであまり凝るような趣味はありませんが、私にとって旅は人生の大きな楽しみです』とお答えしました。

私は子どもの頃から地理や歴史や人物に関心があり、父親がゆるすかぎり彼方此方に連れて行ってもらいました。知らない世界にふれるのはとても新鮮で感動することが多く、物心がついてから今日まで、機会があれば積極的に知らない地域を歩くようにしています。とはいえ旅には時間や経費、タイミングや健康が必要不可欠ですから思うようにはまいりません。それでも『現地に立ちたい、五感で知りたい』という意欲を常にもっています。

旅は良いことばかりではないという見方もあるようですが、私にとっては失敗や間違いも旅のスパイスですから後悔などほとんどありません。『本で読んだ、テレビや映像で観た』という限定的な感覚ではなく、五官を通じて実体験で知ることがすばらしいと思えるからです。旅には「企画の愉しみ、現地に遊ぶ愉しみ、帰ってきてから回顧の愉しみ」があり、私は一度で3回の愉しみと思っています。

私にとって、「旅すること」は人生の関心事であり自身の糧となるものです。『そんな暇があるなら修学と修行、法務や信徒教化に努めろ』という正論も聞こえてきますが、想像をめぐらして視野を広げ、地勢や歴史、文化や習俗、人種や宗教、各地の生活などを学ぶことは有益なことと信じています。また学んだことは法話などを通じて少しでもご縁のある方々に還元して行きたいと思っています。

相武山 山主

2019年09月27日

令和元年 秋のお彼岸

9月23日の中日を中心に秋のお彼岸を執り行いました。夏のお盆からあまり間がありませんからお参りの方もそう多くはないのかなと思っていましたが、20日の彼岸の入りから26日までお墓参りの方々が墓苑に三々五々にお参りされていました。お墓や供養のかたちは価値観の多様性に伴って変化しているようですが、皆さんなごやかなお顔で香華をささげておられ、ありがたいことと思っています。22日と23日の両日には天候不順のなか法要を執り行い、参詣者と一緒にご先祖有縁精霊への追善御回向を申し上げました。

法要後の法話では「忘持経事」を拝読。忘持経事はお母様の遺骨を身延山の大聖人様のもとに納められ、供養のまことを尽くされた富木入道に宛てられたお手紙ですが、お参りされた富木入道が経典を忘れて帰られたので経典を弟子が届ける時に認められた書簡。
親子の縁の深さと仏道の救いの在り方を『我が頭は父母の頭、我が足は父母の足、我が十指は父母の十指、我が口は父母の口なり。譬へば種子と菓子と身と影との如し。教主釈尊の成道は浄飯・摩耶の得道、吉占師子・青提女・目尊者は同時の成仏なり。是の如く観ずる時無始の業障忽ちに消え、心性の妙蓮忽ちに開き給ふ』と説かれていることをお伝えし、令和元年秋の彼岸会の法話としました。

相武山 山主

2019年09月26日

訃報 阿部日顕師逝去

秋の彼岸の入りとなる9月20日午前、「大石寺67世阿部日顕師が東京都世田谷区の大石寺出張所で午前7時半頃に逝去した」との報せを受けました。96年の生涯でした。阿部師は昭和54年7月22日、日蓮正宗第66世法主日達上人急逝の間隙を縫い血脈相承を偽証してその跡を襲いました。緊急重役会議において『昨年4月15日、日達上人より血脈相承について甚深の御指南を受けていた』と発表。「日顕」と名乗って大石寺67世に就いたのです。

その後、平成17年12月、早瀬日如師に譲座するまで大石寺貫主、日蓮正宗法主、日蓮正宗管長の座にありました。阿部師は当座直後から血脈相承の偽証が疑われ、宗内僧俗から詐称して法主に就任したという厳しい指摘にさらされました。それは阿部師は総監の職にありましたが、日号を名乗れる能化でもなければ、次の法主となる学頭でもなく、当時の宗制宗規にまったく則っていなかったためです。実に強引な法主詐称でした。

私たち正信会は阿部師に相承に関して質しましたが、阿部師は血脈相承を否定する輩として、一方的に正信会僧侶を擯斥し信徒を破門にするという対処で応えてきました。やむを得ず、正信会寺院住職は自らの地位保全と阿部師の地位不存在の訴訟を起こすことになったのです。約8年の歳月を経て平成5年には最高裁によって双方却下という判決が確定。この訴訟で阿部師は自らの相承の事実を証明することができませんでした。また、彼はその渦中で池田創価学会と感情的不和を起こし、ついに平成3年11月には創価学会を破門としました。

彼は約28年間、法主の座にありましたが相承の偽証と法主の詐称を糊塗するために、ことさらに法主の血脈を絶対化し、大石寺と戒壇本尊の管領を己の権力と権威の拠り所としました。そのため、大石寺門流における宗開両祖の教えと信仰は危殆に瀕することになりました。ここに創価学会の謗法問題を機縁として興起した正信覚醒運動が現在も継続されているゆえんがあります。

法華経の結経、観普賢菩薩行法経には「一切の業障の海は、皆妄想より生ず。もし懺悔せんと欲せば、端坐して実相を思え。衆罪は霜露のごとし。恵日がよく消除す。この故にまさに至心に六情根を懺悔すべし」と説かれています。
すでに御仏大聖人の御前に身を置くことになった阿部師には、世俗の名聞名利という飾はすっかり取り払われ、如何なる人生であったかを省みることになります。第一に問われるのは仏道に対する彼自身の信仰であり、次に問われるのは宗開両祖の末弟としての彼の行学です。俗的権威も権力も及ばぬ法界でまじめに反省懺悔されることを望んでやみません。

正信覚醒運動こそ富士日興門流の教えと信仰を護持するものと確信する私たちは、これからも阿部師の私見を根幹とする現代日蓮正宗の教学と信仰を正して行きますが、阿部師やその与党を憎悪することはまったくありません。不軽菩薩が正法に迷う謗法の僧俗の邪義を正しながら、その仏性が開かれることを願った振る舞いを日蓮大聖人は踏襲すると仰せです。私たちはその志こそ法華経の精神と信受し、これからも阿部師を反面教師として丁寧な法義の研鑽と信行増進に努めたてゆきたいと願っています。阿部師が御仏大聖人の慈悲につつまれ、真摯に懺悔滅罪し、仏法を深く信受して仏性が開かれることを心から祈ります。
合掌

相武山 山主

2019年09月26日