相武山 妙法院のブログ

相武山 妙法院のブログです。

相武山 妙法院

  • HOME
  • 相武山 妙法院
  • お知らせ&行事案内
  • 道の心得
  • 法話会
  • 墓苑・永代供養墓
  • 自然に親しむ
  • 交通のご案内
  • ブログ
  • サイトマップ

045-442-7688

  • ご相談について

〒241-0806 横浜市旭区下川井町1590-1

相武山 妙法寺 ブログ

衣替えの季節

子どもの頃、衣替えは6月の夏衣、10月の冬衣の2回だったような気がしていたが、近年は冬から春へ、春から夏へ、夏から秋、秋から冬という四季に適した衣替えになっているようです。そういえば自分の行動もそうでした。四季の移ろいが鮮明に感じるようになったことと、ものが豊かになり、ライフスタイルの変化がそうさせているのかも知れません。

当山では例年4月の中旬から立宗会にかけて本堂のカーペットを外して畳表にし、合わせて私も法衣を夏衣に替えています。冬の法衣から合いや夏の法衣に着替えるととても身軽になって、ふわっとした着心地に何となく初夏をまとったような気がして、こころも軽くなります。朝夕の勤行も冬の重々しくどっしりと感じる声や響きではなく、多少リズミカルで軽やかな声音に変化した気がしますから、環境の変化は声や響きまで変えることがわかります。

夏の法衣は見た目には薄く涼しげに見えますので、参詣のご信徒より『涼しそうですね・・・』とよく言われますが、法衣のほとんどが化繊ですからさほどに涼しいものでもありません。それでも見た目に涼しげに映るのはひと時の眼福といえるでしょう。

青空に恵まれた昨日29日(水)は境内の植栽の伐採整備や草取り作務を行いました。午前11時前から公共交通機関以外の手段でお出でになった7名のご信徒と一緒に駐車場のレッドロビンや参道の草取りを行い、初夏の涼風がわたる中1時間半ほど汗を流しました。
作務の後は汗を拭って手を浄め、開け放たれた本堂で宗祖立教開宗の御報恩のために読経・唱題を申し上げました。
私より一言立宗会の意義についてお話を申し上げ散会。作務への参加ご協力まことにありがとうございました。

相武山 山主

2020年04月30日