相武山 妙法院のブログ

相武山 妙法院のブログです。

相武山 妙法院

  • HOME
  • 相武山 妙法院
  • お知らせ&行事案内
  • 道の心得
  • 法話会
  • 墓苑・永代供養墓
  • 自然に親しむ
  • 交通のご案内
  • ブログ
  • サイトマップ

045-442-7688

  • ご相談について

〒241-0806 横浜市旭区下川井町1590-1

相武山 妙法寺 ブログ

ケヤキの枝おろし

先日、港北区の川脇さんと金沢区の新倉さんご兄弟のご協力で、駐車場東側のケヤキの枝下ろしを行いました。二本のケヤキは、春には新芽を出して新緑の季(とき)を知らせ、夏には葉を豊かに広げて日陰をつくり、秋にはその色を変えて冬の到来を知らせてくれています。妙法院の四季を彩ってくれる貴重な存在ですが、反面、幹が相当に太くなっており、やがてブロック塀を押し切ってしまうのではないかと心配しています。枝の張り具合も立派で、落葉の時季にはかなりの時間がとられ手こずっています。やはり何ごとにも陰と陽、正と負、プラスとマイナスがあるようです。

ケヤキは落葉樹ですから、本来なら落とした葉が樹木の根を守り養ってくれるものですが、横浜の里山らしい下川井とはいえ、落葉をそのままにはしておけません。落葉を集めてお隣の飯田さんの農地にお分けするか、燃やすゴミとして収集に出すかということになりますから、ケヤキの足下は寒々としていてとても残念です。せめて落ち葉を焼いてたき火でも楽しみたいと思っても、ダイオキシンの問題で勝手にたき火をすることもできません。いろいろと難しい時代になりました。

山や森、林や里山のみどりは、私たちに数え切れないほどの恵みを与えてくれています。改めていうまでもなく私たちの環境にとってなくてはならない存在であり、街の中や身近かなところにもより豊かなみどりがあれば、多くの人々の心の安らぎとなるのではないでしょうか。しかし、大切なものであるという認識があっても、その維持に努めなければその存在は失われてしまいます。これはみどりばかりではありません。すべての事物・事象に共通していることです。個々の健康や能力や技術、心の持ち方や教養、また家庭や友人・知人、会社や地域や各種組織という人間関係から、さまざまな自然界の有り様まで、維持に努めることがなければ、その存在はやがて崩壊し滅亡して行くことは自然の理りだと思います。

他面、努力をしなくても保たれるものは世の中にはありませんから、存在しているということは誰かがどこかで維持や管理に努力しているということになります。森に限らず樹木などのみどりは皆んなで大切にしたいものです。そのためにはお互いがその存在を意識して語り合い、できることを少しづつでも実践して行くよう心がけねばなりません。みどりの維持や管理が難しくなっている時代であるからこそ、気づいた者が声を上げ汗を流しながら、次の時代のために努めなければならないと思います。
川脇さん並びに新倉さんご兄弟には真にありがとうございました。

相武山 山主

2013年02月24日

今日は歳末の大掃除

当山も今日は大掃除。新春を迎えるために本堂境内の大掃除を行いました。歳末の忙しい中にもかかわらず、約20名の檀信徒の皆さまにご協力頂きました。本堂、回廊、玄関、客殿、ロビー、そして、三師塔、久遠廟、寂静庵、墓所や境内はもちろん、公道まで皆んなで清掃に汗を流しました。とくに公道の側溝などは土砂を取るのが大変でしたがすっかりきれいになりました。午前10時から1時間半ほどの清掃でしたが、お陰様で気持ちよくお正月を迎える準備ができました。引き続いて月例の世話人会でしたが、その前に皆んなで温かい豚汁とおしるこを楽しみ、今年一年の無事と信行増進を喜び合いました。

掃除といえばこの4月まで緑区の白濱さんにすっかりお世話になりました。もう数年になるご奉仕には感謝の言葉もありません。心から御礼を申し上げます、ありがとうございました。また、夏の暑いときから秋の深まるときまで、旭区の阿部さんが折々に境内の草取りに汗を流して下さいました。月例行事への参詣の前に早めにみえて境内の草を取り、行事のない日でも暑さの厳しくない午前中に境内を浄めて頂きました。ご自分の意志で、できるとき、できるかたちでの仏道精進は、無理がなくさわやかなもので、その志に敬意を表します。

また此の度、御宝前の礼盤(らいはん)と鈴座(りんざ)の半畳(はんじょう)を新調(しんちょう)御供養頂きました。落慶式から気になっていた半畳ですが余裕がありませんでした。多くのご信徒の方も気になっておられたようで、此の度、金沢区の久保さんのご発声に22名の方が賛同され半畳3枚を新調させて頂きました。「信は荘厳から」との言葉もございます。御宝前が調えられ清々しくなることは喜ばしいことですから、きっと御仏大聖人様の御照覧にあずかることでしょう。

その他当山はこの一年、仏道への思いを大切にされる多くの方々に、陰に陽にさまざまなかたちで支えられお護り頂きました。歳末にあたりあらためてすべての方々に感謝を申し上げます。
ありがとうございました。
間もなく平成24年も幕を閉じようとしています。有縁の皆さまにはどうぞ心健やかに良いお年をお迎えくださるようお祈り申し上げます。

なお、新春の参詣は1日(火)の元朝(がんちょう)勤行会(ごんぎょうえ)が午前0時、初勤行会(はつごんぎょうえ)が午前11時と午後2時から執り行われ、2日(水)と3日(木)の両日は午後2時から初勤行会が執り行われます。勤行会以外の時間の参詣は自由となっていますので、午前7時から午後6時まで自由にご参詣ください。墓所への参詣も自由となっています。

では良いお年を。

相武山 山主

 

2012年12月23日

最寄り駅「三ツ境」

当山の最寄り駅は私鉄の相模鉄道線、略して相鉄線の三ツ境(みつきょう)駅です。相鉄線は横浜駅から海老名駅までを結ぶ相鉄本線(24.6㎞)と、二俣川駅から湘南台駅に分かれるいずみ野線(11.3㎞)を持つ大手私鉄で最短の鉄道です。国内の大手私鉄同様、相鉄も戦後の経済成長期に住宅開発と共に発展してきました。本線には横浜駅から海老名駅まで18の駅、いずみ野線には7の駅があります。その歴史は大正時代に溯り、さまざまな紆余曲折があって現在に至っているようです。関心の有る方は相鉄の歴史をちょっとのぞいてみるのも面白いと思います。

三ツ境駅は横浜駅から海老名駅に向かって11番目の駅で、横浜駅から急行海老名行きに乗って三つ目の駅となります。所要時間は16分ほどです。各駅停車では22分ほどかかります。乗降客数は横浜、海老名、大和、二俣川に次で5番目に多い駅です。駅は瀬谷区三ツ境にありますが、旭区と瀬谷区との区界にあります。この駅の北口バスターミナルからは若葉台中央行きのバスが頻繁に出ています。このバスに乗車して5つめのバス停「矢指町入り口」が妙法院への最寄りバス停です。所要時間は5~7分ほどでしょうか。バス停際の電柱には当山の案内板が掲示されています。

三ツ境駅は大正15年(1926)5月12日、 旧神中鉄道の駅として開業されました。
この付近は分水嶺となっており、古くから武蔵国都筑(つづき)郡(二俣川村・下川井村)と相模国鎌倉郡(瀬谷村)・同高座郡(下鶴間村)の2ケ国3郡が境を接する場所であり、駅の横浜寄りが相模国と武蔵国の境となっていました。
駅名の由来は明治22年(1889)から昭和14年(1939)にかけて存在していた都筑郡二俣川村(大字二俣川)と都岡(つおか)村(大字下川井)、鎌倉郡中川村(大字阿久和)の三つの境であることから、「三ツ境」と名付けられたといわれています。
参考までに古地図には「密教」「三経」という地名が見られるといわれ、何らかの信仰的な意味合いがあった可能性もあります。

相武山 山主

2012年12月07日

ヒマワリがみごろ

当山の南西側に広がる追分市民の森では、花畑のヒマワリが見頃を迎え、強くアピールするその色彩は圧倒的な夏を表現しているように思えます。数年前からこの花畑ではヒマワリの植栽域が半分となって壮観さはうすれましたが、それでも多くの方々が夏を楽しむために足を運んでいます。その横にはコスモスが植えられていますが、立秋は迎えたものの花開くコスモスはまばらで、まだまだ秋の風は吹いてくれそうにありません。
矢指の森から続く追分市民の森は林間コースも人気で、夏の猛暑でも森をわたる風は涼しく、杉木立に涼を求めて散策される方も少なくありません。森の木陰にはヤマユリが誇らしげに咲き誇り、甘い香りを漂わせています。また、このところ、虫取りの網をもった子供たちの姿をよく見かけますが、それもそのはず、セミはもちろんトンボやアゲハチョウばかりか、カブトムシやクワガタのすがたも目の前です。豊かな自然環境にはいのちの営みの奥深さを感じるばかりです。
相武山への参詣の折にはあまり時間にせかされず、周囲の自然をじっくりと楽しまれてはいかがでしょうか。

相武山 山主

2012年08月08日

こころの草とり

昨日から7月、今年も早6ヶ月が過ぎ平成24年も後半に入りました。昨日は午後1時から月例の「お経日」ですが、その前に午前10時から境内の草とりと清掃を行いました。平日にも草は取っていますが、この時期伸びるのは早いものです。
10数名の御信者の方々と日頃手が届きにくい駐車場まで草とりと清掃を行いました。7月のお盆に向けて境内が浄められることは実に有り難いことです。ぽつりぽつりと小雨はありましたが、降雨はさけられ、夏の日差しも強くない中での草取りは、時候から考えますと恵まれた作業日だったと感謝しています。

草取りといえば、ある作家が庭に草がはえてきたとき娘に、「草は小さいときにとっておきなさい」というと、娘は「もう少し大きくなってから取るよ」と答えました。するとその作家は「大きくなるととるのが大変になるから小さいときが楽だよ」と諭したという話しを思い出します。これは庭に生えてくる雑草に心の持ち方を喩えた言葉ともいわれています。人間は本来正善と邪悪の心をもっています。それぞれ善縁、悪縁にふれることによって、言動も善悪のはたらきを展開して行くものです。もちろん単純に善悪に峻別できないものもありますが。
作家は雑草の伸びゆく様を心に芽生える邪悪な思いに譬えたのでしょうか。

悪と言えば仏教では十悪が説かれています。
十悪とは身の三悪、口の四悪、意(こころ)の三悪のことですが、心と言葉と行動のはたらきに十の悪業があるということです。簡単に注釈すれば、身の三悪とは「殺生(せっしょう)」衆生やその他の命を奪うこと。「偸盗(ちゅうとう)」他人の財産を:盗むこと。「邪淫(じゃいん)」不淫らな異性交遊のことです。
口の四悪とは「妄語(もうご)」嘘をつくこと。「綺語(きご)」奇麗事を言って誤魔化すこと。「両舌(りょうぜつ)」二枚舌を使うこと。「悪口(あっく)」他人の悪口を言うことです。意(こころ)の三悪とは「貪欲(とんよく)」我執・我欲の深いこと。「瞋恚(しんに)」自分の心に逆らうものに対して怒ること。「愚癡(ぐち)」心性が愚かで、道理にくらく、他者を妬んだり恨んだりすることです。

身の三悪も口の四悪もそれらはすべて意(こころ)の三悪が現れたすがたです。この三悪は煩悩の源であり、仏道の修行もこの三悪と向き合いその超克をめざすものといえましょう。雑草が時と環境を得て生い茂るように、心の中の煩悩も悪縁にふれて増長しついには暴れだすこともあります。仏道では自らの心にもこの三悪が存在していることを認め、この三悪を仏の教えによって能(よ)く修めて行く事が求められています。しかし、己れの心に三悪が存在していることを理解し、その克服を願う方はそう多くはありません。時に当たり心の草とりの大切さに思いをいたしたいものです。

相武山 山主

 

2012年07月02日

今年もありがとうございました。

25日(日)午前10時から檀信徒有志の皆さんと年末大掃除を行いました。一年の塵を払い本堂の内外と境内を浄めて新年をお迎えする準備ができました。御本尊様に一年の感謝をこめ、皆んなで和気藹々と気持ちよく身体を動かしました。
後はお正月を迎えるばかりですが、今年は歴史に刻まれる年となりました。未曽有の大災害となった3月11日の東日本大震災、さらにいつおさまるか分からない深刻な原子力発電所事故。まさに国中が暗澹たる思いに覆われ、今に安らぐことはありません。しかし、悲惨な大災害には多くの教訓や示唆が込められており、 私たちがそれに少しでも気がつき人生に活かして行かなければ、犠牲となられた多くの精霊に申し訳ないと思います。

いつもながらの政治の混迷もあり、世相に穏やかな風がながれることはないようですが、私たちの妙法院にとってもいろいろと厳しいことがありました。それでも今年も多くの方々のご信心と真心に支えられて、仏道の護持と伝承に務められたことに厚く御礼を申し上げます。ありがとうございました。

新年は辰年にふさわしい明るい年でありますようお祈りしています。
妙法院の元朝勤行会は1日の午前0時から。初勤行会は1日が11時と14時、2日と3日が14時からとなっています。その他は自由参詣となっています。
どうぞ良いお年をお迎えください。

相武山 山主

2011年12月28日

12月は晩秋?

旧暦から新暦への移行もあって季語のずれは指摘されて久しいものですが、温暖化の影響もあるのか、その傾向性が強まっているように思えます。「紅葉&黄葉」の晩秋も11月末までの季語とされていますが、街の中ではこのところ12月の初旬から中旬にまで延びているようです。そのため枯葉舞う木枯らしの時季も押されているようで、いつの間にか晩秋から初冬をかすめて初春を迎えてしまう感覚です。

そんなことを考えていたら、昨日の夕刊に「暑かった秋」とのコラムが掲載されていました。暑かった秋の影響で、気象庁が定めている標本木の葉の「紅葉日」「黄葉日」(こんな観測日があることを私ははじめて知りました)が遅い記録となっていたということです。また、各地の紅葉まつり等も12月中旬まで延長されているということでした。

ようやく寒くなってきて当院三師塔西側のイチョウも黄葉し、その葉を散らしはじめています。今年も残された日数は3週間ほどとなりました。なにかと忙しくなる年の瀬ですが、有縁無縁皆さまの無事故をお祈り申し上げます。

相武山 山主

 

2011年12月10日