相武山 妙法院のブログ

相武山 妙法院のブログです。

相武山 妙法院

  • HOME
  • 相武山 妙法院
  • お知らせ&行事案内
  • 道の心得
  • 法話会
  • 墓苑・永代供養墓
  • 自然に親しむ
  • 交通のご案内
  • ブログ
  • サイトマップ

045-442-7688

  • ご相談について

〒241-0806 横浜市旭区下川井町1590-1

相武山 妙法寺 ブログ

七五三祝い参り 感謝と祈り

当山では例年11月に檀信徒の皆さまの七五三の祝い参りをお迎えします。今年は15日に宇梶葵ちゃん(7歳)、19日に白濱琥太郎くん(5歳)、28日に菊地いこいちゃん(7歳)が当山の御本尊様にお参りされました。

七五三祝い参りは幼子の無事成長を祈る儀式として昔から行われていたようですが、その起源や在り方には諸説があります。江戸時代までは封建制による階級制度のために、一般庶民まで広く行われていたかどうかは不明ですが、明治時代になると秋の収穫の後などに行われるようになったようです。

元来「子宝」といわれるように次の世代を担う子供は誰人にとっても宝というべき存在です。しかし、近現代に至るまで子供が無事に育つことは容易ではありませんでした。多くの子供たちは栄養状態も良好なものではなく、生活環境も恵まれたものではありませんし、医療技術も現代とは比べものにならぬほど貧弱でしたから、無事成人を迎えることは難しかったのです。そこで人々は折々に仏神に祈りをささげながら子供たちの無事成長を願ってきたのです。
七五三の祝いには「髪置き」とか「髪立て」といって髪を伸ばしたり束ねたりする儀式や、「袴着」といって初めて袴をはく儀式。「帯解き」や「紐落とし」いって紐つきの着物から大人と同じ着物に変わる儀式などの意義がこめられているようです。

人生は何が起きるか誰もわかりません。七五三祝参りをされた幼子のため、御本尊様にこれまでの成長に深く感謝を申し上げ、これからの心身ともなる成長に、温かい慈悲のご加護を賜りますよう心より御祈念を申し上げました。

相武山 山主

 

2017年11月30日

かぶ御講

11月15日、日目上人の祥月命日忌法要を執り行いました。大石寺門流では第三祖日目上人の祥月命日忌は「目師会・かぶ御講」と称して古より大切にされてきた法会です。日目上人は宗開両祖の教えを護り伝え令法久住に大きな足跡を遺された方で、今日私たち富士日興門流が宗開両祖の教えを信行して成仏の道を歩むことができるの日目上人のご恩徳によるものです。

法要では二日前のお題目講に参詣された緑区の落合さん夫妻が丹精された「かぶ」を御宝前にお供えいたし、御報恩の読経・唱題を申し上げました。法要後には日目上人のご一生について私が詳細にお話を申し上げ参詣者と共に御高徳をお偲びいたしました。

今月は初旬に宗祖のお会式を執り行い、13日にはお題目講も執り行ったので参詣者はわずかでしたが、七五三祝いに参詣された宇梶さんのご家族と共に真心を込めてご報恩申し上げることができました。

相武山 山主

2017年11月30日

真心をもって御大会式を奉修

11月4日(土)と5日(日)の両日、日蓮大聖人御大会式(ごたいえしき)を厳かに奉修申し上げることができました。相武山妙法院は日蓮大聖人を末法のご本仏と尊信申し上げる富士日興門流の法華の道場でありますから、久遠即末法の本仏たる日蓮大聖人の「滅不滅・常住此説法」を奉祝申し上げる御会式は最も大切な法要です。

今年も初秋よりお花作りなどの準備をはじめ折々にご信心の篤い方々にご協力を頂き法会を迎えました。最後に残ったのが御宝前のお供え餅とお飾りの竿餅でしたが、1日の御経日の後、緑区の小原さんを中心に昨年末に求めた餅つき機で餅つきをしました。小原さんの手さばきを見ていると、お重ねやのし餅は『やはり職人でなければできないな~』と思いました。今後は興厳房も挑戦して行くことと思いますが、しばらくは元和菓子職人だった小原さんのご協力とご指導を頂くこととなるでしょう。よろしくお願いします。

御逮夜法要当日の午前10時からは御宝前のお飾りでした。御宝前の両側に設えられた二つの台に霊鷲山を中心とした法界をイメージし、御仏大聖人を荘厳申し上げるお飾りです。それぞれ忙しい中、久保さん、落合さん夫妻、熊木さん、阿部さん、高橋さんにご協力を頂きました。はじめに竿餅と金紙銀紙の飾り棒を胴藁に巻き、金銀の飾り帯を締めて胴を調え、次に柿とミカンをその上に飾り、みんなで作ったサクラの華を開いて台上にさします。最後は杉葉とシキミとあられ餅・三角餅・手餅をあしらって、台の周囲に半紙を山折りにして飾り付け終了です。8名で1時間半ほどのご奉公。御宝前と本堂を再度丁寧に清掃した後は御会式を待つばかりとなりました。

【御逮夜法要】
御会式は日蓮大聖人の祥月命日忌(10月13日御入滅)を迎え、門下一同が報恩感謝を申し上げる法要、今年は祖滅736年となります。宗祖が御遷化に当たって選定された六老僧の一人日興上人は、末法の法華経の行者を仏と信受され宗祖の開顕された末法相応の仏道を護持伝承されました。その日興上人の門流が日興門流・富士門流であり、門流僧俗は御会式を年中行事で最も大切な法要としてまいりました。

御会式の前夜祭にあたるのが「御逮夜法要」。皆さん何かと多忙のためか参詣者はわずかですが、今年も檀信徒の方々に宗開三祖や御先師の申状を奉読して頂きました。日有上人を興厳房が奉読し、続いて私が立正安国論の奉読。新倉昇三さんが大聖人、サンリー久美子さんが日興上人、重吉稔さんが日目上人、熊木真治さんが日道上人、中澤俊彦さんが日行上人をそれぞれ真心を込めて奉読されました。

立正安国論や申状には富士日興門流の法義と信仰のエッセンスがこめられており、文章は鎌倉時代の難しい仏教用語でつづられていますが、意味が少しでも理解されれば一言ひとことの重みに信仰の感動を覚えることができます。法要には遠路にもかかわらず稲城市から大西さんご家族などが参詣されました。法要後には皆んなでお茶を頂き和やかに歓談し散会しました。

【御正当法要】
みごとな秋晴れに恵まれた「御正当法要」は午後2時からの開式。講中世話人の方々が1時間ほど前から準備にあたってくださいました。受付や堂内外の整備、駐車場の整理などいつもながらに法要のサポートをして頂き心から感謝しています。当山は法華の道場ですから一般の方はお客さまで構いませんが、檀信徒の方々はお客様ではなく修行者として法要に臨んで頂きたいと願っています。一人ひとりが主体者として仏道修行のときと心得られ仏道の功徳を積んで頂きたいのです。

定刻の10分前には司会進行の阿部一博さんが式次第の裏面に掲載の「御会式の意義」についてを読み上げ、参詣者の方々に御会式への思いを新たにして頂きました。開式が宣せられて本堂が唱題の声で満たされる中、教区僧侶が入堂。御宝前に供えられた仏祖三宝尊への献膳から読経・焼香へと進み、自我偈の前で磬が打たれ読経を中止。参詣僧侶によって日有上人から申状が順次奉読され、静かな本堂には厳かな奏上の声が響きました。

法要後には当山執事の大山興厳師による『御仏とともに』と題しての講演(相武山だよりに掲載予定)。私たちの信仰の在り方についてわかりやすくお話をしました。その後、私より『今年も檀信徒の皆さんと一緒に御会式を執り行うことができた喜びをお伝えし、御会式では宗祖の説かれた末法の衆生成道の道である「法華本門の教え」と、その信仰の要を確認することの大事を申し上げました。また、一人ひとりが妙法院の主役という自覚で菩提寺の行事や法要に参加頂き、生涯かけて尊い仏道を学んで頂きたい』と挨拶を申し上げました。

続いて新倉講頭より『今年も無事に皆んなで御会式を奉修できたことを喜び合い、仏縁を頂戴したことの尊さを忘れることなく、魔にたぶらかされて信心を破ることがないよう、これからも菩提寺妙法院に足を運んで信行に励みましょう』という挨拶があり、唱題のなか、講中世話人によって御宝前荘厳のお花くずしを行いました。

司会者の閉会の言葉で御会式は無事に終了。子供たちには御菓子が渡され、参詣者には桜の花とお供物が振る舞われ、それぞれ和やかな笑顔で帰路につかれました。今年の御会式には本堂に約100名、客殿に約20名のご参詣を頂きました。毎年の御大会式を成仏への一里塚と心得て、さらに仏道に精進して行くことを御宝前にお誓い申し上げた次第です。

相武山 山主

2017年11月30日

雨の中ありがとうございました

11月4日・5日の日蓮大聖人お会式を迎えるために、今月は1日の御経日、13日の宗祖月例御講、15日の日曜法話会、それぞれの後に御宝前荘厳のお花づくりの作業をしました。法会に参詣された檀信徒の皆さんには御信心をもってご協力頂きありがとうございました。

また、29日(日)には大掃除を予定していましたが、台風22号の接近で雨脚が強く、前日と当日に電話でご連絡頂いた方には中止をお伝えしましたが、雨でもお会式を迎える大掃除に約15名ほどの方が参集、雨の中清掃に汗を流してくださいました。お陰様で本堂の格子ガラス窓や受付や玄関やロビーのサッシがきれいになりました。客殿やトイレもすっかりきれいになり、客殿以外(客殿は正月前)の障子も張り替えましたので、お会式に参詣される方を気持ちよくお迎えできるのではないかと喜んでいます。

改めてことわるまでもなく当山は妙法院を菩提寺とされる檀信徒の皆さまの御信心で護持されています。台風接近の降雨にもかかわらず大切な宗祖のお会式のためにご奉仕頂いた皆さまに御礼を申し上げ、無事厳かにお会式の法要が執り行われることをお祈りしています。

相武山 山主

2017年10月31日

強い台風が上陸

10月22日(日)夕方頃から関東にも超大型台風21号の影響が出始め、23日早朝には静岡県御前崎に上陸し朝のうちに神奈川県を通過していきました。全国で被害が出た模様ですから心配しましたが、幸いにも前日から警戒していたので当山に直接の被害はありませんでした。それでも風雨が強い台風の上陸が報じられると興厳房と本堂南側と正面南側の畳を上げることが通例となっています。今回も夕方の勤行をつとめた後に畳を上げましたが、雨の差し込みはなく無事に朝のお勤めをすることができました。

台風が過ぎ去ると秋の青空が広がり気持ちも晴れ晴れとなりました。今年の10月は曇天が多かった気がしますので、ことのほか青空を有り難く感じました。大過なく大型の台風をやり過ごしましたら、29日(日)もまた台風の接近でバタバタしました。大自然から豊かな恩恵を享受する私たちは、また自然の厳しさも受け止めなければならないようです。あらゆるものすべてに「プラスとマイナスがある」ことを改めて知る思いです。

相武山 山主

2017年10月31日

10月の日曜法話会

11月の日曜法話会は当山の都合で中止となりますので、10月15日は今年最後の法話会でした。いつものとおりに法話会の趣旨をお伝えした後、世相のテーマは「衆議院の解散総選挙」でした。安倍首相による突然の解散について、マスコミ報道などから解散への流れを説明し、学ぶべきこととしては、「時には政治とは何かをじっくりと考えてみよう。政治には国民一人ひとりの安心・安全な生活を求め、公平なチャンスが一人ひとりに提供されるよう望みたい。数年に一度という総選挙であることを理解し、国民の一人として政治と国あり方を考える機会にしよう」とお伝えしました。

法話会のテーマは「日本の仏教」の続きでした。釈尊によって創始された仏教は普遍的な基本思想(三法印、縁起論、四聖諦、八正道など)をもとに、その寛容さと多様性によってアジアを中心に世界各地に受容され、我が国にも飛鳥の時代に伝来し今日の日本仏教を形成しています。しかし、各時代や各地域に展開された仏教はまったく同じものではなく、日本の仏教は日本的仏教というべきものです。

法話会では『日本の仏教を知るためにはその歴史を学ばなければならない』ことを伝えていますが、今回は9月にお話しした奈良仏教を簡単におさらいし、平安遷都から比叡山に天台法華宗を開いた伝教大師最澄、高野山に真言密教を開いた弘法大師空海を中心に初期平安仏教について、「仏教へのいざない ー青少年のための仏教入門ー 」をテキストに学びました。平安仏教を代表し今日の日本仏教に大きな影響力をもつ最澄と空海については、明年度の法話会でももう少し詳しくお話をしたいと考えています。

今年も1月から10月まで日曜法話会を開催しましたが、檀信徒をはじめ御縁のある方々に参加聴聞頂き有り難く感謝しています。11月は休止としましたが明年も1月から11月まで開催を予定しています。
ホームページなどで日程をお知らせいたしますので「仏教に親しむ」を趣旨とした法話会を愉しんで頂きたいと思います。

相武山 山主

2017年10月30日

ジョーム君を偲んで

先月下旬、中区の竹越さんご一家がペットのジューム君を供養され、当山のペット墓「慈愛」に埋葬されました。夏のお経参りに竹越さんのお宅に伺うと走り回っていたヨークシャテリアのジェーム君。可愛くほえながらも私の膝にも上ってくる愛くるしい子犬で、家族みんなに愛されていました。亡くなったのは3年前でしたが、家族みんながしばらくは側にいてほしいと思い、遺骨を自宅に安置していたということでしたが亡くなって3年、今回やはり当山のペット墓に埋葬した方がジョ-ム君のために良いのではないかと家族で話し合ったということでした。

現代はかつてのような『犬を飼っている・猫を飼っている』というようなペット感覚ではなく、犬や猫をはじめとしてさまざまなペットが家族の一員として迎えられています。迎えた家族にとってその存在感は非常に大きく、ペットによって癒やされたり、励まされたり、慰められて人生の喜びを得られている方々は想像以上に多く居られます。

人間関係が難しくなる現代社会にあって、ペットはその存在の重みをこれからも増してゆくことでしょうが、他方、愛情と悲哀は正比例となりますから、喜びや愉しみを頂いた分だけ、愛おしいペットとお別れする時には深い悲しみを覚え、さまざまな「ペットロス」に陥ることがあります。その悲哀を少しでも癒やすことができるようにと3年前に当山でもペットの慰霊墓をもうけご利用頂いています。
秋の一日、竹越さんご一家はお孫さんまで集われ、みんなで御本尊様にジョーム君の冥福を祈り、ペット墓「慈愛」に遺骨を納められました。

相武山 山主

2017年10月29日

秋のお彼岸

当山周辺の今年の彼岸花は例年より開花が早く、9月中旬には華麗な姿をみせはじめ、境内の彼岸花も参詣者を温かく迎えていました。今年の彼岸の入りは20日、その前後から墓苑や久遠廟には三々五々ご家族でお参りされる方の姿が一週間ほど続きました。

9月23日と24日の両日には午後1時より秋季彼岸法要を執り行いました。檀信徒多数の参列を得て、ともどもに献膳、読経、焼香、唱題と如法に勤め、先師先達への御報恩と追善供養を申し上げた次第です。

法要後には「持妙法華問答抄」を拝読して住職の法話。『人間としての貴重ないのちを賜ったことに気づくこと。仏縁を大切にして信仰を深めてゆくこと。仏道の中でも法華経をもって成仏をめざすこと。人生刹那の快楽や名聞名利に心を奪われることなく、仏道修行の中に真の楽しみと喜びを見出すこと』などをお伝えしました。法要後墓参に向かう参詣者は建立ご回向されたお塔婆をもってそれぞれ帰路につかれました。

また、両日の法要後には客殿で宗祖お会式の御宝前を荘厳申し上げるサクラの花作りをしました。参詣後に時間の都合がつく方々にご協力を頂き、お陰様で花はすべて調いました。葉っぱも高橋さんが造って調っていますので後は竹ひごに結わえるだけとなります。仕上げの作業は10月の1日のお経日後、13日の宗祖御講後、15日の日曜法話後に行います。皆んなで報恩感謝の気持ちもってお会式を迎えましょう。

相武山 山主

2017年09月29日

心のオアシスをめざして

お彼岸前の16日、東京からTさん夫妻がお参りに見えました。当山の永代供養墓「久遠廟」にやすまれているお姉様の祥月命日忌のお参りです。事前に塔婆の供養を申し込まれていました。幼い頃から信心深い家庭に育ったTさんは、奥さんと一緒に本堂で姿勢を調えて静かに法華経を読み上げられ、お題目もゆっくりとした調子で唱えていました。ご夫妻の読経・唱題のバランスはとてもよく、御本尊様のご照覧にあずかっているのがわかるようでした。

私は近年、檀信徒の方々にできるだけ丁寧に、心にゆとりをもって読経・唱題することを勧めています。私たち法華経の信仰者にとって読経・唱題は仏道修行の基本ですが、勤行は本来義務でもなければ数を求めるものでもなく、日蓮大聖人の教えを信じ尊ぶ信行であり、その修行を通じて内観(自身の心を観る)することになるのですから、静かに落ち着いて読誦・唱題することが理にかなっていると思うのです。

ご夫妻は遠方ということもあって月例の法要や行事には参詣が難しいようですが、時間の都合がついたときにはお参りされます。そのようなご信徒は結構居られて、皆さん自分のペースで無理なく参詣されています。毎月お参りされる方、お彼岸やお盆の前にお参りされる方、個人的な相談や御祈念があってお参りされる方とまさに各人各様です。

翌17日には和光市の重吉大樹さんが奥さんの真美さん、娘の樹菜ちゃん樹莉ちゃんとご家族で参詣されました。重吉さんご家族も月例行事や法要には思うようにお参りできないようですが、ほとんど毎月ご家族でお参りされ御本尊様に祈りをささげられていて尊いことと思います。

8月の末にはイギリスからサンリーさんの子息リチャード君が奥様と授かった娘さんと一緒にお参りされました。私が始めてリック(リチャード)にあったのは20年ほど前ですから、日本的には中高生の頃になります。とても性格が素直で爽やかな青年で、お母様の勧めるままに羽沢の妙法院では読経・唱題を修めていました。その後、イギリスの大学に進学してからは日本に里帰りすることも少ないのですが、帰国された時には必ず当山にお参りされており有り難いことと思っています。

すっかりたくましくなりお父さんになったリチャード君から美しくて品格のある優しい奥さんをご紹介頂き、可愛いという言葉しか思いつかない赤子を拝見して、私もうれしくなって生きる力を頂戴したような気がしました。サンリー家の皆さまに御本尊さまの深いご加護があることを願ってお題目をお唱えしました。これからも機会があれば是非お参りください。

当山(相武山妙法院)への参詣は誰でもいつでも自由です。当山を菩提寺と定めて頂いた檀信徒の皆さんはもちろんのこと、法話会や仏事などで御縁を結ばれた方々も大歓迎です。
法華の道場に老若男女の明るい声が響くのは仏法の繁盛に通じてすばらしいことです。どのようなかたちでも結構ですから、お寺や仏教や信仰に親しみ愉しんで頂くことを願っています。当山は法華経と日蓮大聖人の教えに御縁を結ばれる人々の心のオアシスになることをめざしてこれからもなお一層精進してまいります。

相武山 山主

2017年09月28日

龍ノ口法難会を奉修

9月10日(日)午後1時、日曜法話会から引き続いてご参詣の方々と倶に龍ノ口法難会を奉修しました。常の法難会では御宝前におはぎをお供えするのですが、今年は都合により団子にさせて頂きました。参詣の檀信徒の皆さんとご一緒に読経・唱題を勤め、宗祖の龍口法難にご報恩謝徳申し上げました。

この法難は宗祖の御生涯において宗教上最も意義深いものです。法難を乗り越えられた宗祖はその後佐渡に流罪となりましたが、佐渡において開目抄・観心本尊抄の重要法門書を著され、末法衆生救済の妙法曼荼羅本尊をご図顕されて、ご自身の宗教的意義と衆生教化の道筋を明らかにされたのです。後に「佐渡以前の法門は仏の彌前経と思し召せ」と述べられるゆえんです。

法要後の法話は「下山御消息」を拝読。
はじめに下山御消息の解説をした後、竜口法難に至る宗祖の法華経弘通の道程を説明。宗祖があらゆる仏道・仏教の中から法華経を選び取られ、法華経の真義を身読されたこと、その崇高な覚悟と末法の下根下機を救う慈悲心について詳述しました。

その上で『私たちは多くの宗教さまざまな信仰がある中で、日蓮大聖人の教えを日興上人の心をもって信仰することが出来ました。そこには出会いと選択がありました。仏道の根本は南無妙法蓮華経のお題目と堅く信じ、その信仰を深めながら、生きることのまことの悦びを得るために、お互いに仏道に精進してまいりましょう』と法話を結びました。
法要終了後、御宝前に供えられた団子とお茶を皆さんと一緒に頂きました。

相武山 山主

2017年09月27日